2006年改訂  主審のコールの仕方 日本教職員バドミントン連盟  2008/12/01

最初のサービングサイドとレシービングサイドを決めるとき

(コインを用いる場合は)トスをします。

じゃんけんをしてください。


プレーヤーを紹介するとき

(1) シングルスのとき

 

例 Xさんがサーバーの場合

(2) ダブルスのとき

 

例 Wさんがサーバーで、Zさんがレシーバーの場合

[団体戦の場合]

(言いながら右、左を指す)

オンマイライト Xさん A(チーム名)

オンマイレフト Yさん B(チーム名)

Xさん トゥサーブ

オンマイライト Wさん Xさん A(チーム名)

オンマイレフト Yさん Zさん B(チーム名)

Wさん トゥサーブトゥ Zさん

 

[競技規則書 p80-81参照]

マッチ(試合)を始めるとき

ラブオール、プレー

プレーの中断やインターバル、チェンジエンズの後、プレーヤーにプレーを再び始めるように指示するとき

プレー

 

 

フォルトが起きたとき

レシーバーのフォルト

サーバーのフォルト

(1) サービスジャッジがフォルトとコールしたとき

(2) サービスジャッジがいないとき

フォルト(明らかなときは省略してよい)

フォルト レシーバー

 

サービスフォルト コールド

 

フォルト

レットにするとき

レット または プレイ ア レット 

サービングサイドがラリーに負けて、相手側のサービスになるとき

サービスオーバー

 

(1)スコアをコールするとき

例1 サービングサイドのスコアが8、レシービングサイドのスコアが3

例2 55の同点

(2) 第1ゲーム(または第2ゲーム)で、

一方のサイドのスコアが11点に達した

とき(11-8の場合)

(3) 60秒のインターバルが40秒経過

(4) インターバルが終わったら

(5) どちらかのサイドが20点になったとき

① あと1点でゲームが終了するとき

(20-14の場合)

② あと1点でマッチ(試合)が終了するとき(20-16の場合)

(6) 20点オールになったとき

(7) どちらかのサイドが29点になったとき(29-2829-29の場合)

 

エイト スリー

 

ファイブ オール

(最後のラリーが終ったらストップウォッチをONにする)(場合によっては、「サービスオーバー」)

11 – 8、インターバル

コート番号、20秒(2回繰り返す)

例 11 – 8、プレー

 

 

ゲームポイント

例 20 ゲームポイント14

マッチポイント

例 20 マッチポイント16

20オール

例 29 ゲームポイント28

例 29 マッチポイントオール

1/2

第1ゲームが終了したとき

例 Xさん、A(チーム名)が2118

で勝った

ゲーム(ストップウォッチをONにする)

ファーストゲーム、ワンバイ Xさん A(チーム名)21 18 (インターバル、チェンジエンズは不用)

10

120秒のインターバルで100秒経過

(コート番号)20秒(2回繰り返す)

11

第2ゲームを始めるとき

セカンドゲーム、ラブオール、プレー

12

第2ゲームが終了して、第3ゲームに入るとき

例 第1ゲームで負けたYさんB(チー

ム名)が2115で第2ゲームに勝った

 

ゲーム(ストップウォッチをONにする)

 

セカンドゲーム、ワンバイ Yさん B(チーム名)21 15、ワン ゲーム オール

(インターバル、チェンジエンズは不用)

13

第3ゲームを始めるとき

ファイナルゲーム、ラブオール、プレー

14

第3ゲームで、一方のサイドが11点になったとき

11 ?、インターバル(60秒) チェンジエンズ

(インターバルが終わったら)11 ?、プレー

15

マッチ(試合)が終わったとき

例 Xさん、A(チーム名)が2118

17212110マッチ(試合)に勝

った

ゲーム

(勝者のサインをもらったら)

マッチ ワンバイ Xさん A(チーム名)

21 1817 2121 10

16

プレーを中断するとき

プレー イズ サスペンデッド

17

中断したプレーを再開するとき

アーユーレディー?(スコア)、プレー

18

棄権するかを尋ねるとき

アーユーリタイヤリング(棄権しますか)?

19

一方のサイドが棄権してマッチ(試合)が終了したとき

例 Yさんが棄権して、XさんA(チーム名)がマッチに勝った

 

 

Yさん B(チーム名)リタイアド(または棄権)

マッチ ワンバイ Xさん A(チーム名)(全スコア)

20

違反したサイドを呼んで

(1)  警告を宣告するとき

 

 

(2) フォルトを宣告するとき

 

ウォーニング(警告) フォー ミスコンダクト

(同時に右手にイエローカードを持ち、それを主審の頭上に挙げ、違反プレーヤーに示す)

フォルト フォー ミスコンダクト

(同時に右手にレッドカードを持ち、それを主審の頭上に挙げ、違反プレーヤーに示す)

21

一方のサイドが失格してマッチ(試合)が終了したとき

例 Yさんが失格して、Xさん A(チーム名)がマッチに勝った

 

 

 

 

 

Yさん B(チーム名)ディスクオリファイド(失格)

(同時にレフェリーよりブラックカードを受け取り、それを右手に持ち、主審の頭上に挙げ、違反プレーヤーに示す)

マッチ ワンバイXさん A(チーム名)(全スコア)

22

主審が、線審の明らかな間違った判定をしたと判断したとき 線審が

① インであるのに、アウトと判定した

② アウトであるのに、インと判定した

 

 

「コレクション、イン」

「コレクション、アウト」

 

以上

2/2